ぢゅちさんの「今日も日々是内省。」

ストレングス1位に「内省」を持つ内省家が、内なる言葉を綴ります。

湯船に浸かるようにしている。

最近、湯船に浸かるようにしている。


それは、今年の夏から異常に汗を書くようになってしまっていて、そして自分でも気になるくらい汗の匂いが気になるようになってしまったから。


汗の匂いは、食生活やストレスなどが原因とも言われているけれど、私の場合はそれに加えて、運動不足や冷房による汗腺機能の劣化が原因ではないかと考えている。


そこで、湯船に使ってちゃんと汗をかけるようにすれば、汗はかくけれど匂いが少し軽減するのではないかと考えたわけ。


匂いの方の効果についてはまだ分からないけれど、ちゃんと湯船に浸かって汗をかいてから寝るようになったら、夜中に目が覚めることが少なくなったのは、思わぬ収穫だった。


湯船にはだいたい腰の辺りまでお湯を張り、蓋をしめて、タブレットなどを持ち込んで動画などを見ている。以前はドラマくらいしか見るものがなかったけど、最近はYouTubeを見る習慣を持てるようになってきたので、観るコンテンツは欠かないし、Kindle でマンガや本を読んだりもする。


そうしているうちに額や胸、背中などから汗が滴り落ちてくる。それを感じながら30分くらいは浸かるようにしている。


湯船に浸かるようになると思い出すのが、アニメ新世紀エヴァンゲリオンミサトさんの有名なセリフ、「風呂は命の洗濯よ」というやつ。でも、それを受けて風呂に浸かるシンジくんは「風呂って嫌なことを思い出す方が多いよなあ」と言う。


私はどちらだろう。


基本的にネガティブな私は、頭の中にあることは大抵「嫌なこと」だったりする。だから、当然、お風呂でも嫌なことを考える。ほとんどシャワーで済ますことが多かったこれまでは、シャワーの音に合わせて大声で「アホ」だの「バカ」だの「死ね」だの、暴言を吐いたりもする。


それは他人に向けて言っているようで、そんなことを口に出してしか発散できない自分自身に向かってだったりしていたような気もする。


湯船に浸かるようになってからは、それは少なくなった気がする。というか、音が響くから、そんなことを呟けなくなったのか。そこはまだよく分からない。けれど、嫌なことを考えても、汗とともにそれは流れ出てくれているような気もする。


最近も、ものすごくガッカリするようなことがあって、この文章を書く今も、頭のたぶん90%くらいでそのことを考えている。私は、執着しやすくて、一度、頭から外そうとしてもまた同じことを考えてしまうというようなことがあって、それは他人に話したり忙しくしたりしても、やっぱり元に戻ってきてしまうのだ。


それでも、湯船に浸かっている間は、その毒素みたいなものが汗と一緒な流れ出てくれている感じはあって、お風呂から出た瞬間は、やっぱり以前のシャワーだけのときよりは身が軽くなったような感じがしている。


だから、やっぱりお風呂は命の洗濯なのかもしれないな。